LA GALERIE DES NAKAMURA

AUDREY FONDECAVE EXHIBITION

Audrey_12_visaul.jpg
オードリー・フォンドゥカヴが今月24日より代々木上原にあるNo.12 Galleryにて個展を開催いたします。
新作はすべてフレンチ・アルシェ紙の上に無機顔料を塗りつけて描いた より抽象的な作品になっています。
ぜひこの機会にご高覧ください。
会期6月24日ー7月4日 1時から6時(月ー木)、1時から7時半(金、土、日)
レセプション:6月24日(金)午後6時30分〜8時30分
会場:No.12 Gallery 東京都渋谷区上原2-29-13 TEL. 03-3468-2445
no12gallery.com

About the work / Audrey Fondecave: This work is more abstract than the last works I have done. The works I am showing are visual, mental landscapes put on paper. They are paintings made of pigments on Arche paper, reminiscent of one of my favorite activities as a child. As a little girl, I would close my eyes and blink them so hard that shapes, colours and shades of light would dance in front me. I loved these shapes so much, I would keep on doing this, even if I was scared to harm my eyes. It was like being on drugs, natural LSD. I was amazed how abstraction can be born naturally in my mind, independently from everything, expect from the surrounding light. Different from dreams that are charged with connections to life, experiences and feelings. These visual landscapes are purely organic, physiological abstraction. I never thought I would be capable of drawing these landscapes, of transcribing them into images. It took me so long to finally decide to put aside the figurative and narrative world that I have been creating for so long. and try. In this present work, the images I have produced are pure perception, free of any other motivation than simply putting on paper the flow of images my mind produces. I might conduct them, by closing my eyes, rubbing them, changing the light around me, but I don't control them. I also think my interest for pre-fabricated images has faded, I blame it on the visual invasion that is my life everyday. But my love for stories and information hasn't disappeared, it is just taking another path, separate from the images I make, standing by themselves on white paper also, only in the shape of words. I don't know yet if splitting these two sides of my work is a progression or a regression. I might figure it out one day.


r_cover.jpg
"Dans la peau d'Âne わたしのロバと王女"も会場にて販売しております

Audrey fondecave / Exposition Masanao Hirayama vs The Children

Institut_Himaa-.jpg

オードリー・フォンドゥカヴが子どもたちと一緒に作品を制作している
プチ・アトリエの展覧会がアンスティチュ・フランセ東京にて開かれます。
子どもたちの作品の中には、ゲストアーティスト平山昌尚氏の作品が隠れています。
見つけられるでしょうか?注意してご覧ください!
平山氏がWHOのキャンペーンのために描いた壁紙のイラストをもとに
子どもたちが楽しみながら制作した作品も展示されます。

EXPOSITION DU PETIT ATELIER
MASANAO HIRAYAMA VS THE CHILDREN

2016年5月12日(木)〜22日(日)
アンスティチュ・フランセ東京 ホール&ギャラリー
>詳細はこちら

☆オードリーの「Le Petit Atelier」はアンスティチュ・フランセ東京にて
6歳から10歳対象に毎週水曜日16時〜17時30分に開催しています。
美術史や現代アートを学び、美術に関するフランス語表現も学びながら
毎回参加者全員で熟考して楽しく作品を制作しています。
> Le petit atelier ( http://audreyfondecave.tumblr.com )
詳細のお問い合わせ お申し込みはこちらまでお願いいたします
アンスティチュ・フランセ東京
東京都新宿区市谷船河原町15 TEL 03-5206-2500

IMGP69301-e1461208747742.jpgのサムネール画像

作品・書籍等のお問い合わせについて

作品や書籍について多くのお問い合わせを頂き
誠にありがとうございます。
メールにてご連絡をさせて頂いておりますが
正しく届かないケースがございます。
フリーメール・携帯・スマートフォンのアドレスをご使用の際は
大変お手数ですが、お問い合わせの前に
受信設定をご確認頂けますようお願いいたします。

書籍通販のお申し込みはこちらからもご利用いただけます

謹賀新年

あけまして おめでとうございます
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

LOVE FOR ALL

doris_loveforall__.jpg

2015年も大変お世話になりました。
心より厚く御礼申し上げます。
皆さま よいお年をお迎えくださいませ。

年末年始につき12月26日(土)から1月4日(日)まで
ギャラリー事務所はお休みさせていただきます。
お急ぎの御用の際はメールにてご連絡ください。
なお、この期間は通信販売の発送はお休みいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが
ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

Artwork by DORIS VOETTER