LA GALERIE DES NAKAMURA

TOO MUCH Issue 8 Shelters

TOO MUCH Issue 8 Shelters

オードリー・フォンドゥカヴが、エディターとアートワークで参加している東京発のインディペンデントマガジン『TOO MUCH Magazine』の最新号「シェルター」特集が発売されました。シェルターは、人間が持つ不安を具現化した姿であり、欲望の現れであり、また誰もが憧れるユートピアのモデルでもあります。今号では、そのシェルターが持つ姿について考え、ロンドンのアーティスト、アン・ハーディを訪ね、ロンドンの街角で拾った素材を組み合わせて作られる彼女の奇妙な空間に足を踏み入れます。そこから、家を背負って旅をするアーティスト、村上慧を追いかけて日本全国を移動。50年代の夢の技術、バックミンスター・フラーのジオデジックドームを新しく再現したザ・ノース・フェイスの開発チームに会いに行きます。建築家、坂茂が難民のために新しくデザインした住居を見るためにケニアのカロベイエイに向かい、福島の廃墟と化したエリアについて、フランスの哲学者、ブルーノ・ラトゥールと考えます。
また、特集内ではアメリカ人アーティストのゴードン・マッタ・クラークが70年代初頭の荒廃したニューヨーク・ソーホーに開いた伝説のレストランFOODについても掘り下げ、唯一の日本人シェフだったアーティストの高橋尚愛氏にインタビュー。また、当時の若きアーティストたちの駆け込み寺的存在だったFOODを写真家ホンマタカシらととも誌面上で再現しました。 
アート、建築の話題を中心にヨーロッパ・北米等で多くの読者に親しまれているTOO MUCH 。最新号もユニークな切り口の興味深い記事が満載です。主要書店またはアート系書店などでご購入いただけます。

Featuring:
アン・ハーディ、坂茂、クリスト、伊東豊雄、ブルーノ・ラトゥール、ゴードン・マッタ=クラーク、星新一、ハイ・レッド・センター、ムン・キョンウォン、ユージン・サッカー、村上慧、ク シュ シトフ・ウ ディチ コ、エベン・カークセイ、五十嵐太郎、ホンマタカシ、高橋尚愛、モトーラ世理奈、平山昌尚、加賀美健、アバケ、岩間朝子ほか

TM8_PRESS_RELEASE_JP01.jpg