LA GALERIE DES NAKAMURA

  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb
  • thumb

Yu Hara "neverlasting"

原 游 "ネバーラスティング"

2005年12月2日(金)ー12月18日(日)12:00-19:00 / 木曜日休み

このたびはペインティングを中心にインスタレーション、
ミクストメディアなどの表現活動を行っている 原游の作品をご紹介致します。
彼女の制作は主に、親しみやすいモチーフにユニークな発想で規則性を加え、緻密に探求を重ねていくのが特徴で、
その作品にはユーモラスでカオティックな魅力が溢れ、
鑑賞者に概念が推移していく不思議で純粋な感覚をもたらします。

本展では「重なり」をテーマに、
絵画を物理的に木材と布と下地と絵の具がミルフィーユのように形成されているとふまえ、
その重層で縦横無尽に遊戯する子供たちを設定。

 彼らは絵の具の古い層から新しい層へ時間旅行をし、
 筆のストロークの波に乗り、綿布を自在に操る。
 垂直に重なった断層を横から眺めては、
 色の並列や細部のクローズアップが視界に飛び込む……

この展覧会は、一見ひとつひとつがフレームを持ち終始する展示空間が、
ディティールと様々な質感が集積し渾然一体となった絵の森にも変容し、
その連なりを散策することが、絵を描くこと・鑑賞することへと繋がるよう
イマジネーションの自由な飛躍を志向します。

※展覧会タイトル neverlasting【ネバーラスティング:永遠でない】は
 everlasting【エバーラスティング:永遠の】の反意を込めた原の造語。